コンプライアンスポリシー

GCMは、法令の遵守や倫理に則った企業活動を実践するために、金融商品取引業者としてあるべきコンプライアンス体制の充実を図ってまいります。常に公平・公正・公開の基本原則に基づいた企業活動によって、お客様や社会から「信頼」される企業でありたいと考えています。経営理念を実践するために、基本原則および行動規範を制定し、その遵守を業務の根幹と位置づけ、公正かつ誠実に行動する企業風土をつくってまいります。

信頼の確立

自社の社会的責任と公共的使命の重みを十分認識し、情報管理を徹底するとともに、企業情報の適時適切な開示を含め、健全かつ適切な業務運営を通じて、社会からの揺るぎない信頼の確立を図ります。

お客様本位の徹底

常にお客さま本位で考え、十分なコミュニケーションを通じて、お客さまのニーズに最も適合する金融サービスを提供し、お客さまの満足と支持をいただけるよう努めます。

法令等の厳格な遵守

金融商品取引法を始め、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会規範にもとることのない、公正かつ誠実な企業活動を遂行するとともに、グローバルな金融コンサルティング企業として国際的に通用する基準も尊重します。

人権及び環境の尊重

お互いの人格や個性を尊重するとともに、人類共通の資産である地球環境の保護を重視して、社会との調和を図ります。

反社会的勢力との対決

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度を貫きます。