お客様本位の業務運営に関する原則・方針(Fiduciary Duty)

1.お客様本位の業務運営に関する原則・方針の策定・公表

株式会社GCM(以下、「当社」という)は、次の「経営理念」を掲げております。
「GCMは、日本及びアジア地域において、多様化・専門化する投資家のニーズをスピーディかつ的確に捉えるために、経営理念として3つのSを掲げ、常に新たな価値と技術を創造しお客様に最も「最良な結果を生み出し」続けます。
 ・Speciality(専門性)
 ・Speed(クイックアクション・レスポンス)
 ・Strategy(戦略性)」
この経営理念にも掲げております下線部分を、具体的な原則として「お客様本位の業務運営に関する原則」として採択し、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」をここに宣言します。

2.お客様の最善の利益の追求

当社は幅広い事業領域において、各分野における高い専門性と職業倫理を保持し更に高め、誠実・公正・公平に業務を行い、お客様の最善の利益を追求してまいります。

3.利益相反の適切な管理

当社は、お客様との間の利益相反を未然に防止するため、金融商品の選定・販売にあたっては、利益相反の可能性のある取引を適切に把握するとともに、利益相反取引を特定した場合は、お客様の利益保護のために適正な対処をとる体制を構築します。

4.手数料・委託料等の明確化

当社は、名目の如何を問わず、お客様にお支払いいただく手数料その他のコストの詳細は、お取引開始前や契約締結前書面交付時において、出来るだけ分かりやすく具体的にかつ詳細にご説明するよう努めます。

5.重要な情報の分かりやすい提供

当社は、お客様の投資経験や投資スタイルの違いなどを踏まえたうえで、金融商品・サービスの特性やリスク、コストなど重要な情報について、お客様担当者や担当部署が公正で誠実に分かりやすく説明します。

6.お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、お客様の投資や資産運用に関する多様なニーズに応えるため、商品・サービスの充実を図ります。お客様一人一人がご自身のスタイルに合った投資商品を見つけられるように適切な情報やサポートの提供を行い、最適な取引環境の構築に努めます。

7.役職員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、「お客様にとって本当に価値ある金融サービスを提供すること」を役職員の大切にすべき目標の1つとしています。その目標を達成し続けるために、経営理念を掲げ、倫理規程をはじめとする社内諸規定の整備、そしてそれらの厳格な運用を担保する役職員研修の実施や内外監査制度を通じ、「お客様本位の業務運営に関する基本原則・方針」の実践を促進します。